2017年度 募集要項
(3D部門)

【先進映像協会 ルミエール・ジャパン・アワード2017 3D部門のご案内】

募集要項PDF版ダウンロード
エントリーシートダウンロード

1. アワードの概要と目的
日本国内での上映や放送などの利活用を目的に制作された3D(立体)映像作品を広く募集し、特に優れた作品を表彰し、その結果を公開することで、日本における良質な3Dコンテンツの拡大と品質向上を図ることを目的に、7回目となる 先進映像協会ルミエール・ジャパン・アワード2017を開催いたします。
協会会員以外の作品も広く募りますので、奮ってご応募ください。

2. エントリー要項
2.1 エントリー作品
  • 以下の条件を全て満たす映像作品であること。
    • 3D(立体)映像作品であること。2D3Dが混在する作品の場合は、作品全尺の50%以上が3D映像であること。作品の長さは問いません。
    • 2016年9月1日から2017年8月31日の期間において、有償、無償を問わず国内で上映、放送、配信、発売、発表などの手段を通して社会的に利活用された作品、もしくは2017年8月31日時点で作品が完成しており、今後の利活用が決定している作品。
  • PCソフト、ゲームなどのインタラクティブ性を有する作品は対象としませんが、これらの作品を訴求、紹介する3D映像作品は対象とします。
  • 静止画は対象にしません。
  • 成人向け作品は対象にしません。
2.2 エントリー資格
  • 作品の著作権者である企業・団体、もしくは作品に関わりのある企業・団体が著作権者に了解を得た上でエントリーすることができるものとします。なお受賞した際のトロフィーや賞状などには作品名のみが記載されます。
2.3 エントリー作品数の上限とエントリー料金
  • エントリー料金は1作品あたり3万円とします。(消費税は徴収しません)
  • 協会会員  1企業・団体あたり最大5作品まで。1作品のみエントリー料金は免除されます。
  • 非会員    1企業・団体あたり最大2作品まで。エントリー料金の免除はありません。
2.4 評価方法について
  • 先進映像協会日本部会が認定する外部審査員および会員から構成される評価委員会が評価します。
  • 先進映像協会が設定する統一評価基準に従い、立体視の「必然性」「安全性」「快適性」「機能性」「作品性」「市場性」の6つの観点から総合的に評価、審査します。
2.5 エントリー作品がルミエール・ジャパン・アワードを受賞した場合にご了解いただく事項
  • 授賞式会場での上映のために、約3分のダイジェスト版をご提出いただきます。ダイジェスト版の仕様については受賞者へ別途ご案内いたします。
  • 上記ダイジェスト映像は、授賞式にて上映され、一般、マスコミ、会員に公開されます。
  • 上記ダイジェスト映像は、先進映像協会の内部資料として、協会の教育啓発などの活動の活性化を目的に利用させていただくことがあります。利用条件等の詳細は受賞決定後改めてご案内いたします。
  • ルミエール・ジャパン・アワードを受賞した作品は、2018年1月下旬頃に米国で授賞式が行われる予定の先進映像協会米国本部主催のAIS Creative Arts International Awards(以下インターナショナル・アワード)へのエントリー資格が発生します。エントリーは任意です。エントリーの際は改めて手続きが発生することがあります。インターナショナル・アワードのエントリー料金は以下の通りです。
    • インターナショナル・アワードのエントリー料金は1作品あたり500ドルです。
    • 協会会員  1作品のみエントリー料金は免除されます。
    • 非会員   エントリー料金の免除はありません。
    なおインターナショナル・アワードを受賞した場合、ロサンゼルスで開催予定の授賞式への出席は任意ですが、出席にかかる経費はご負担いただきます。
2.6 スケジュール
  • 募集期間:2017年8月1日~2017年8月31日
  • 評価(審査)結果内示:2017年10月上旬の予定
  • ルミエール・ジャパン・アワード授賞式:2017年11月15日、InterBEE(幕張メッセ)で開催予定。
  • 受賞作品のインターナショナル・アワードへのエントリー:2017年12月上旬の予定。
  • インターナショナル・アワードの授賞式 2018年1月下旬頃ロサンゼルスで開催予定
2.7 エントリー方法
エントリー要項(本文)の記載事項を全てご了承いただいた上で、募集期間内に以下①~③の手続きを行なってください。いずれも2017年8月31日必着とし、全ての受領を確認した時点でエントリー手続きの完了とさせていただきます。
  1. エントリーシート送付
    所定のエントリーシートに必要事項を記載し、以下までメール添付にて送付ください。エントリーシートはこちらからダウンロードできます。
    <エントリーシートの送付メールアドレス>  office@i3ds.jp
  2. 評価用(審査用)映像メディア送付
    下記の映像メディアに関する記載に従って、作品が収録されたメディアを送付ください。なおここに記載されたメディア以外でのエントリーについては事務局にお問い合わせください。
    <映像メディア送付先>
    〒141-0022 東京都品川区東五反田2-14-1  
    株式会社IMAGICA 気付 
    先進映像協会日本部会 表彰委員会 灰原 宛
    電話 03-3280-7535
  3. エントリー料金振込み
    下記口座に作品数に応じたエントリー料金をお振込みください。
    [銀行名] ゆうちょ銀行
    [支店番号] 008
    [口座番号] 普通 4717428
    [口座名義] センシンエイゾウキョウカイ ニホンブカイ
    ※ 振込人名義はエントリーシートの企業・団体名と同じ表記にしてください。
    ※ 振込手数料はご負担いただきます。
    ※ 振込後のご返金につきましては,原則として対応いたしかねますので,予めご了承ください。
2.8 映像メディア
① エントリー時に提出いただくメディアについて(対象:全エントリー作品)
  • 作品全編が収録されたメディア
  • (作品長が5分以上の作品に限り)ハイライト部分に関する情報
    評価作業の効率向上のために、作品長が5分以上の場合は、特に重点的に評価してほしい部分(ハイライト部分)を必ず指定してください。
    指定できる部分は、最大2か所で合計3分以内の部分です。
    テープの場合はタイムコード、ブルーレイディスクの場合はプレーヤのカウンタをエントリーシートに記載してください。
  • 3D効果は上映サイズに左右されるため、エントリー時に、以下のどの評価環境が望ましいかをエントリーシートにて申告いただきます。申告いただいた評価環境によって以下のように映像メディアが異なります。
    大型スクリーン(約200インチ)での評価を希望する場合は、テープ*またはDCP*にて提出ください。
    テレビ(50インチ前後)での評価を希望する場合は、テープ*またはブルーレイディスク*にて提出ください。
    モバイル(ゲーム端末、スマートフォンなど)での評価を希望する場合は、作品提供および評価手段に関する情報をエントリーシートに記載ください。

    *テープの場合
    テープは HDCAM あるいは HDCAM-SR のいずれか
    記録方式は デュアルストリーム記録 あるいは サイドバイサイド のいずれか
    ※ 上記以外の方式をご希望の場合は別途ご相談ください
    映像/音声記録方式、タイムコードなどの情報を記載したインフォメーションシート(記録票)を必ず同封のこと。
    *DCPの場合
    DCI準拠でマスタリングされており、HDDやUSBメモリに格納されたもの。
    暗号化されている場合は、協会の指定するサーバー向けのKDMが発行可能であること。
    *ブルーレイディスクの場合
    市販3D対応BDプレーヤと3Dテレビの組合せで3D視聴可能な記録形態。BD-ROM、BD-Rは問いません。サイドバイサイドも可。
    いずれのメディアにおいてもアナグリフ方式は受け付けません。
② インターナショナル・アワードにエントリーする際のメディアについて(対象:受賞作品のみ)
別途ご案内いたします。
なお、ご提出いただいたメディアは、先進映像協会日本部会にて厳正なる管理を行い、所定の目的以外には使用せず、手続きが完了した後はご返却いたします。


お問い合わせ先
エントリー要項の記載内容やその他ご不明な点は以下にお問い合わせ、ご相談ください。

先進映像協会 日本部会 事務局 メールアドレス office@i3ds.jp

以上